水虫と足のにおい






水虫と言えば「悪臭」というイメージが湧きますね。

しかし、実は足のにおいを発生させているのは
水虫ではないのです。



犯人は細菌だった

人間は真夏でも真冬でも汗をかきます。
それは感情からくるものもありますし、暑い場所でかく汗もあります。

例えば足。
日中ほとんどの人は、職場や学校で靴を履いて過ごしています。

そして季節関係なく足は、一日にコップ1杯分の汗をかくと言われています。
(足にエリクソン腺という汗腺が集中している為)

真夏であればもっと汗をかくでしょうし、真冬であれば厚手の靴下やブーツ、
暖房によって汗の量が増えている可能性が大きいですね。
つまり、足は一年中サウナ状態になっているということです。

細菌が好む環境は「高温多湿」。
汗を大量にかいて、エサになる角質や皮脂がふんだんにありしかもあったかい。

細菌が増殖し始め、においの無かった汗をアンモニアや遊離脂肪酸に分解し始めます。

この際に発生するのがあのニオイです。

また、高温多湿を好むのは細菌だけではありません。
水虫も湿度が70%に達し、温度が15℃を超せば水虫にとっても足は「楽園」になるのです。

すべては汗、高温多湿が招いている結果です。
もちろん、不潔にしていても水虫は更に悪化します。


水虫や足のにおいを防ぐには
・脂っこい食事を控える
・通気性のいい靴を履くこと
・靴の中でムレを起こさない
・水虫治療をする
・清潔にする


これらが基本になると言えるでしょう。



Copyright(C) 2011 足のにおい(臭い)の対策&解消! Allrights reserved.